前へ
次へ

不動産投資にはどんな種類があるか

一口に不動産投資と言っても、実に色々な種類があり特徴もそれぞれに異なっているため、それらの特徴をよく

more

無理をしない不動産投資が成功の秘訣

多額の借金をして不動産投資をするのは得策ではありません。
例えば年収が1億円と500万円の人で

more

不動産投資を始める前に心得ておきたい事

不動産投資を始めるにあたり、株やFX等とは違う点を心得ておく必要があります。
まずは、長期的な

more

ベトナムで不動産投資事業をする場合のポイント

ベトナムはその国民の平均年齢が若いことで有名です。
これはベトナム戦争の影響が色濃く残っているものであると推察されますが、ベトナム人たちはその傷跡から抜け出そうとしています。
西洋風な経済政策であるドイモイ経済政策を採用して日本や欧米からの資本の参入を歓迎しているのです。
ドイモイ経済政策の採用以来、ホーチミンシティやハノイを中心として欧米や日本からの投資が盛んです。
ベトナムで不動産を取得しようとすれば、現地のデベロッパーと交渉して契約を結ばなければなりません。
法律の改定で外国人でもコンドミニアムなどの不動産を取得できるようになりました。
ですがこれには若干の注意点があります。
デベロッパーなどに手付金を支払った場合ですが、その後、 何らかの理由により解約した場合には、支払った手付金は一切戻ってきません。
ベトナムの法律で自己都合で解約した場合には手付金を返済する義務がないと記載されているからに他なりません。
日本人はこの種の契約が得意ではありません。
それが欧米人との投資における差となって現れています。
ベトナムの首都は言わずと知れたハノイですが、ここで2015年7月に 不動産関連法規の改正がありました。
それ以来外国人でもコンドミニアムや土地などの所有権を設定することができるようになったのです。
それで投資ができるようになったのです。
それには理由があります。
ベトナム側でドイモイ政策という経済開放政策を採用したので、西側や日本からの資本の導入に積極的となっていたからです。
それ以来多くの日本企業もハノイに支店を出してビジネスを始められるようになりました。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ベトナムでビジネスをする上で一番大切なのは、ベトナムの法律の研究です。
その最先端を駆け抜けているのが日本の大手銀行です。
建設関係や家電関係の企業では、提携する銀行から、ベトナムの法律に関する知識を分けてもらっているような状態です。
その法律はすべて英文で記載がなされているのですが、その内容はかなり難解です。
大手の銀行でも専門のプロの翻訳家にベトナムの法律の翻訳をやらせているようです。
一番手っ取り早いのは、大手の銀行に頭を下げて、投資情報を譲ってもらうことです。

Page Top